ちょっとしたメモ

金聖響コンサートカレンダー

指揮者の金聖響さんのRDFical版出演予定を作成しました。いちおうこれは、イベント情報(RDFical)と人物情報(FOAF)を結びつける実験ですが、スタイルシートとスクリプトで変換しているので、単純に月間カレンダー型コンサート情報としても利用できます。

iCalendarでは、イベントの「参加者」をattendeeとして示しますが、演奏会なので、独自のmusicボキャブラリを用い、m:conductorプロパティでイベント(演奏会)と指揮者を結びつけてみました。

(例)

<Vcalendar>
 ...
 <component>
  <Vevent>
   <dtstart rdf:parseType="Resource">
    <date>2004-01-11</date>
   </dtstart>
   <summary>大阪センチュリー交響楽団</summary>
   <m:conductor rdf:nodeID="Seikyo"/>
   ...
  </Vevent>
 </component>
 ..
</Vcalendar>
 
<foaf:Person rdf:nodeID="Seikyo">
 <foaf:name>金 聖響</foaf:name>
 <foaf:mbox_sha1sum>b623a2bdf...</foaf:mbox_sha1sum>
 ...
</foaf:Person>

FOAFとして見た場合、人を主語にしてm:conductsといったプロパティでイベントに結びつける方が扱いやすいと思いますが(今の形では、FoaF Exploerでは演奏会情報は出てこない)、このあたりは今後の検討課題です。

genre: cal. at