ちょっとしたメモ

Trix: RDFのトリプルを直接XMLで表現する

今日はアンサンブル花火の練習ほかでくたくたなので、簡単に。セマンティック・ウェブ/RDFの考え方は(時々出てくる訳わからん茶々は別にして)概ね受け入れられているものの、現在のRDF/XMLが問題だという指摘はずっと繰り返されてきた。2月10日のRDF勧告直後からwww-rdf-interestのメーリングリストを賑わわせていたTrixという構文は、これまでの改善案をふまえつつ、グラフに名前を付けるという新しい視点を持つもので、なかなか強力な提案だ。

ものすごくラフにいうと、TrixはRDFのグラフをそのままXMLにしたもの。ひとつのトリプルをシンプルに記述すると次のようになる。

(例)

<graph>
 <triple>
  <uri>http://example.org/Bob</uri>
  <uri>http://example.org/wife</uri>
  <uri>http://example.org/Mary</uri>
 </triple>
</graph>

RDF/XMLを見慣れた目には奇異に映るかも知れないが、これを見るとRDFの本質はトリプルであるということが明確だ。このほか、グラフに名前を付けるとか、QNameを利用するとか、XSLTでの変換を念頭に置いているとか、いろいろ重要なポイントを備えている。今はこれ以上書くパワーがないので、とりあえず関連するリンクだけ挙げておこう。

もう少し詳しい説明は、近いうちに何らかの形で書く予定。今のRDF/XML構文を止めようとか、さらに面倒なことを覚えるべしとか言いたいわけではないので、どうぞ早とちりしないでください。

関連メモ:
genre: rdf. at