ちょっとしたメモ

GRDDLがW3Cのグループ・ノートに

XHTMLからのメタデータ抽出法として何度か取り上げてきたGRDDLが、W3CのCoordination Group Noteになり、Gleaning Resource Descriptions from Dialects of Languages (GRDDL)として公開されました。まだ文中ではdraft documentだとしていますが、TR(技術情報)のページにリストされ、トップページのニュースでも紹介されたことで、ある程度「使える」技術として認知されたとみなしてもよいと思われます。

具体的には、当サイトの「Metadata in XHTML - XSLTによる抽出」や「XHTMLからメタデータを自動抽出する」、および関連メモを参照してください。W3CのデモページDemonstration of an RDF in XHTML processorも役立ちます。

関連メモ:
genre: rdf, xslt. at