ちょっとしたメモ

RSSのメディアタイプ制定の動き(とIE7)

RSSのメディアタイプ(MIMEタイプ)を、application/rss+xmlとして正式に登録しようという動きが始まっている。RSSはバージョンを問わず(0.9~2.0.1)同じメディアタイプで扱う。まだI-Dにもなっていない段階だが、原案が公開されている。Auto-DiscoveryとかFeed Validatorとかで既にこのメディアタイプが用いられたりしてはいるものの、正式な手続きはこれからということ。

この登録案は、RSS 1.0のRSS-DEV Working GroupとRSS 2.0のRSS Advisory Boardとの共同提案によるもの。仲良くやろうというのは結構なことだ。もっとも、この手のメディアタイプは、一般的なウェブブラウザだと画面表示ではなくダウンロードを始めてしまうため、現状ではサーバーからのヘッダとしてはなかなか使いにくい(application/rdf+xmlも同じ)。

試してみたところ、IE7(beta2)はヘッダのapplication/rss+xmlに対応しているようだ。この新ブラウザは、RSSを自動的に“フィード用スタイルシート”で表示する機能も備えている模様(ただし例によってメディアタイプを見ての対応ではなさそう)。(X)HTMLだけではなく、RSSのネイティブブラウザでもあるというわけか。しかし、channelタグを見つけると、何でもかんでも自前の“フィードスタイル”を適用して、文書が指定しているXSLTを無視するという不作法な挙動は、どうにかしてほしいのだが(RSS/RDFにカレンダーを埋め込んだりする使い方だってあり得るのだ)。

関連メモ:
genre: rss. at